Welcome to my blog

周波数帯とヒメニズム

ARTICLE PAGE

服を点検。結構処分するものがあった。

  • CATEGORY断捨離
  • PUBLISHED ON2017/ 08/ 12/ 22:57
なんだか2~3日前から片付け欲が高まってきまして、
昨日に引き続き今日は服を片付けようと。
こんまりさん流にやってみたのですが
なんだかこう、今回は辛かったです。

何度も何度も断捨離してきて、明らかにくたびれていたり、もう要らない!って思う物って既に無いんですよね。
なので、直感でときめく!ときめかない!っていうのが出来ない。
厳選してきた物達だから。。

だから「どうして私はこれを手に取らないんだろう。着ないんだろう。」と、ずっと自分と物との対話です。
落とし前がつくまで時間がかかります。

そのうち着ない理由が分かる物もあれば、納得できずにまた戻す物も。
着ない理由は例えば、「素材が悪い」
ノースリーブで夏に着るのにポリエステルは暑すぎる。
ニット着てみたらすごくチクチクする。
白地のワンピース、透ける。等。

あとはパンツを3枚手放しました。
理由は細く見えすぎる。O脚が目立ってしまう。そもそもパンツをほとんど穿かない。

ビルケンのサンダルはようやく手放す覚悟が出来ました。
歩くとやっぱりクッション無さすぎて底が硬い…
この歩き心地にときめきません!と思ったからです。


帽子をずっと持ってはいるのに全然被らないので、(いつも日傘をさすので要らない)
母へあげました。
いつかは使うかもしれないけど、でも活用してくれる人へあげた方が帽子にとってもいいと思って。


スカートが2枚、迷いに迷って処分できませんでした。
スエット生地なので一応部屋着にしてみて、やっぱり着なかったらまた考える。


そして、今シーズンじゃない物、秋冬物ってやっぱり処分するかどうかピンとこない。
スカート穿いてみても、コート羽織ってみても、シーズンじゃないからよく分からない。
なので、ハンガーにマスキングテープで印を付けました。
印の意味は、「シーズンが来たら着て、実際に外へ出掛けてみる。そして決める。」というもの。
そうしたら着れる!とか、やっぱりダメだ~!とか分かるでしょ。
着てみたらすごく良かったとか、ある時もあるからね。
取り敢えず保留ということです。


でもそれでいいのです。
取っておくと決めた物は堂々と取っておく。

自分の中で納得できた時に捨てれば良いのです。



そんなこんなで厳密にときめくときめかないで判断できなかったなぁと反省。
やっぱり「まだ使えるのに…」って思っちゃう自分がいます。

服は無理だったけど、下着だけでも、まだ使えるけどときめかない物は捨ててみた。
下着は結構ときめきが顕著に判る。
可愛い物は持った瞬間可愛い!と思うし、ときめかない物はなんだかどよ~んとして見える。



まぁ下着はいいとして、
えーっと、服を合計17着は処分かな。
宅配買取りに出します。


今回思ったのは、やはり全出しがかなり有効だということ。
何度も引き出し開けて見たもん。
でも、「うーん捨てる物無いな。要る要る」って思うんですよね。

面倒だけど、全出ししてみると…あるんですよねーー。捨てるもの。
ほんと不思議。
普段何を見てるんだろうね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



シンプルライフランキングへ

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト